メインコンテンツへスキップ

南部科學園區

台南について - 南部科学園区 - Southern Taiwan Science Park
台南について

台南について

南台湾サイエンス パーク(STSP)は、台南市の新市区、善化区、安定区の境界に位置しています。約1,043の敷地面積に総合施設を整備したSTSPは、ワンストップショップの行政サービスを提供する、ハイテク産業の発展にふさわしいフレンドリーなサイエンスパークです。
  • 光電、集積回路、精密機械、バイオ、通信、コンピュータ及び周辺機器など各分野の企業が進出する南科では、川上から川下に至る高度な産業チェーンを形成しています。
  • インフラを完備、水は全て水道水で、双回路電力供給システムにより安定した電力が供給されています。
  • 用地も工場もリース可能、によって企業の負担を軽減し、ベンチャー企業に向けの標準工場も提供しています。
  • 十分な人的資源:園区周辺には有名大学や高専も多く、企業が必要とする専門能力を身に付けた人材を数多く輩出しています。
  • サービス向上の取り組む:専従の担当職員が一社一社にきめ細やかなサービスを提供する「保母」制度、定期的な企業訪問、更に、プロジェクトチームを設立し、カスタマイズされた専門的なサービスを提供しており、入居企業に対するサービスの向上に全力で取り組んでいます。
  • 単一窓口による行政サービス:投資申請、工商登記、建築管理、環境維持‧管理、廃棄物処理、雇用等に関するワンストップサービスを提供しています。
  • 豊富なR&Dリソースと産学連携:南台湾サイエンスパーク(STSP)は、豊富なR&Dリソースと産学連携を活用することで、パーク内企業の製品立ち上げを加速化し、助成金の取得を支援します。
  • 国内外における積極的なマーケティング:入居企業による有力見本市への出展を組織、支援するなど、積極的なマーケティングを展開して国内外市場の開拓に努めています。
  • 南科では公園式宿舍群を整備し、単身者用宿舎、ファミリー向け宿舎、管理職用宿舎など、多様なニーズにお応えします。
  • 初等部、中等部、高等部、バイリンガル部を擁する国立南科実験高等学校では、先見性と国際性のある模範的教育を行っています。
  • 南科園区内には、「PARK17ショッピングセンター」、「南科商務会館」、「コミュニティセンター商場」、「健康生活館」をはじめとする生活機能が充実しています。
  • 台南園区は交通アクセスに優れ、台湾高速鉄道、台湾鉄道、高速道路から園区までの無料シャトルバスをご利用できます。
  • 園区内での溜池公園や緑地生態保育保護区には全長664キロの自転車専用道路が走っており、専用のレーンや標識、地図などの整備を進めることによって、園区内の自転車の利用を奨励し、省エネと低炭素の緑のパークを実現しました。
維持の単位 : 企画管理考察課
最近時間を更新した :2022-07-01 11:49:08