メインコンテンツへスキップ

南部科學園區

設立・沿革 - 南部科学園区 - Southern Taiwan Science Park
設立・沿革

設立・沿革

南部科学園区(以下「南科」と省略) は台南園区と高雄園区を含み、行政院が1991年に発表した「国家建設六年計画」における「新設科学工業園区」の構想により設立が確定されました。その後1993年には「経済振興方案」が通り、同時に「南部科学工業園区の増設案」が提出された結果、1995年 05月に南部科学工業園区設立計画(台南園区第1期基地)が認可され、南台湾はここからハイテクノロジー産業の発展に向けて大きな一歩を踏み出しました。また、2001年04月と09月にはそれぞれ路竹園区(高雄園区)及び台南園区の第2期基地が認可されました。

維持の単位 : 企画管理考察課
最近時間を更新した :2022-04-07 13:44:50